ハイレゾ音源が増えるにつれて

それらに対応するハード類の

展開もようやく増えてきましたね。


「ハイレゾ女子」なんて言葉を聞くと

意地でも流行らしたいという

各メーカーの

マーケティングの策略を感じてしまいますが(汗)、、

良い音で音楽を聴くと

やはりテンションが変わりますね。

生音系なんか特に。


打ち込みモノであっても

正確にはこのミックスは

もっとこういう定位感だったんだ

とか

低音は実はこういう処理をされていたんだな

とか

気づきや発見があったりして。


日本でもようやく

サブスクリプション型の配信が

主流になるでしょうからね

ハイレゾは

今の展開だけだと

過去の統計でみても

SACDやDATのように

ハイエンドユーザーしか

手をださない領域になりかねないかと思いますが

もっとね

体感できる「場」があると

良いんですけどもね。

Comment