今年は

気づけば

子育て

仕事

両立

テーマに

なってました。

時間確保の為に

様々な面に対して

頻繁に

工夫が必要だった

というか。


子供に何かあった際

親族

身内

近くにいるのなら

甘えることも

できるのですが、、

地方出身の

上京組は

宿命というか(苦笑)

 

上記と同じ

境遇の

ご家庭なら

一緒かと思いますが、

子供が

体調を崩した時は

試練ですね(滝汗)


楽しいことは

勿論 

沢山ありますけども 、、

子育ては、、

修行でもあるなと(苦笑)

 

そんな事もあって 

音楽面でも 

協力を仰ぐ事も

例年に増して多く。

尊敬するプロ以外にも

キャパオーバーの為

はじめましての人達に

お願いすることもありましたが、

そういうことで 

改めて思うのは

ポジティブな解釈をするのも

勘違いしまくるのも

自由ですし

問題ないのですが 

自己評価と

他人評価に

大きくズレがあると

やっぱり 

厳しいなって。 

極端にいうと 

本人が 

80点のつもりでも

こっちの感想としては

20点というような、

決して言葉にはしませんが 

この音色や

コード進行

和声とか 

勘弁してよっていう

場合もあったりで。 

やり取りの際の 

データをみると

垣間見えることは

沢山あって、

やっぱり 

流石だなっていう人もいれば 

言葉は悪いけど 

なんちゃってで 

ここまでこれたタイプだな 

っていうことも

見えたりして。。

 

嘘偽りなく 

自分一人で 

何を 

どこまで 

できるのか 

明確にしてもらう事 

確認しておくことの 

重要性も感じました。 

ちょっとね 、、

自分一人で 

まるで 

全てやったかのように 

見せかけてる人が 

増えた気が(苦笑) 

凄いと思われたいのは

わかるけど。 

 

最後に、、、

 

数十年前に

レーピンのサトコを

目の前で

観たことがあって、

当時も今も

絵画の事は

詳しいわけでもなく

沢山観てきた訳でもないですが、

サトコは

思わず

唸って

シビれた絵画のひとつ。

今年

東京に来る事を知って

数十年ぶりに観ました。

当時と変わらず

唸って

シビれましてね(笑)

好みも勿論

あるでしょうが、、


ちなみに

サトコはこちら↓

絵画に

限らず

時代を超えて

後世に

残り受け継がれる作品って

他と

何が違うのでしょうね。

 

抽象的な

滅茶苦茶

ぶっ飛んだ

事をいうと、、

何か

人を揺さぶる力がある

作品って

質量が大きい感じというか、

光量が多い感じというか、、

振動が大きい感じするというか、、、

磁力が強い感じがするというか、、、。


量子力学的な

観点からは

おそらく 

解明されてる事は

既に沢山あるのでは?

と。 

単なる 

ボヤキですが(笑) 

 


良いお年を。

Comment